宇根山を山歩き

2020/05/24

この開放感溢れる景色は三原で一番高い山、『宇根山』(うねやま)からの眺望です。

天気が良ければ、四国の石鎚山(いしづちさん)も見えるそうです。

更に、山頂には至幸院(しこういん)と言うお寺があり、弘法大師を奉っています。弘法大師によって栗の木が低くても沢山なるようなったという芝栗伝説が有名だそうです。

登ってみてとても気持ちよかったので紹介をします。

(宇根山には去年2019年5月に登ったのを元に書いています)

 

今回は、この『三原山歩きguide』がとても役立ちました。の冊子は『(一社)三原観光協会』と『三原山の会』が協力して発行していて、三原の約10の山の登り方、歩き方が丁寧に紹介してあります。

三原駅前にある観光協会などで手に入ると思います。それと、団体HPからダウンロードもできます。

 

宇根山は三原の山間部、久井町(くいちょう)にある山で、三原駅からはバスがセブンイレブン三原久井店の側『下津川崎』まで出いています。

ちょっと、ここで訂正なのですがこの宇根山、とても整備されていて、山頂まで道路が通っています。ですので、『登った』ではなく『歩いた』、『登山』よりは『ハイキング』の方が合っています。

舗装された道を歩くので、ウォーキングの様な恰好で充分だと思います。

距離は約14キロ、のんびり歩いて片道3時間かからないくらいでした。

 

 5月がちょうどいい季節だったのか、いろいろな花が咲いていて目を楽しませてくれたり、田んぼに水が張っていて、これも気持ちの良い眺めでした。

野花の知識がないので、花の名前とか分からないのが少し残念でしたね。

 

宇根山の山頂は、冒頭にも触れたとおり三原最高峰らしい開放感溢れるパノラマの眺めでした。車で、来ている人もちらほらいましたが、14キロ歩いた自分が一番堪能してると心の中で思ってました。

折角なので至幸院でお参りをしていると、青い可愛らしい花がそこここに咲いていました。後で、詳しい人に聞いてみたら『春竜胆』(はるりんどう)だそうです。

最後に、こんな花も見れて満足な山歩きでした。

 

きっと他の季節も素敵だと思いますが私は春竜胆の咲いている5月に行くのがお勧めです。

坂も緩やかでのんびり歩ける道です。たまに車が走るのでもちろん注意をしないといけないですが、ハイキングに行ってみてはいかがですか。

 

<関連情報>

久井 岩海(がんかい)(国天然記念物)

 >>1~7mの岩がごろごろ転がった不思議な景色が広がっています。

三原市宇根山家族旅行村

 >>キャンプやBBQが楽しめる施設で、広場やトイレもあるので休憩できます。

・バス情報 中国バス 

 >>【三原-甲山線】宇根山の最寄のバス停は『下津川崎』(しもつかわさき)

三原山の会

 >>宇根山コースページ 

NPO法人 宇根山

 >>宇根山を中心に整備や活性化に取り組まれている団体です。