瀬戸内柑太郎「島卵」プロジェクトVol.5

2019/05/27

【レポートVol.5】

レポートVol.1「島卵開発プロジェクト始動!

レポートVol.2「遂に柑太郎が鶏舎の中に・・・!

レポートVol.3「素敵空間がぞくぞく完成!

レポートVol.4「醤油をかけなくてもこんなにTKGが美味いなんて!

5/15(水)第5回目の作業

 

島のおじさんは救世主!

 

 

今回は、島のミカン農家さんから畑の整地の為に伐採する予定だった樹を分けていただき、島たまご農場への移植を行いました!

 

ミハラボからはさくらちゃん、すーさんが参加!

 

昔は、5,6年育った木を別の場所へ移植することはされていたとのこと。

しかし、最近では基本的に移植作業はしないようで、お世話になっているみかん農家さんも移植作業は初めての体験になったようです。

 

背丈が2メートル近くある木の根元近くをスコップ等を使って人力で掘っていきます。

 

約1時間かかってやっと掘り起こし、木を抜くことが出来ました。

 

1本抜いた時点で体力が…汗

 

あとこれを5本…、、、、絶望感しかありません(笑)

 

そこに救世主!!島のおじさん登場!!

 

三本の支柱と滑車を使い、てこの原理で抜いていきます。

 

 

 

約10分後、あっと言う間に抜け、メンバーから思わず歓声が上がりました(笑)

 

「うわー!すごい!」

 

「あっと言う間じゃん!」

 

「これなら全部今日中に移植できますね!」

 

まるで後光が射した気分になりました。

 

 

農業では植樹作業がすぐに進められました。

 

事前に掘っておいた穴に肥料等を入れ、植替えした後にたっぷりと水を与えます。

 

 

 

今年はあえて実をつけさせずに、根を太らせて木を丈夫にするため 花をすべて摘んでいきます。

 

 

 

テカテカを光るみかん花の蜜…あま~い香りもします。

 

少し舐めてみると、、、、ほんのり甘い!!

 

驚きの経験でした😊

 

 

6本の樹の移植は無事に終わり、ランチをみんなで頂きました!

 

そして全員で今後の計画に向けての打ち合わせを行い、今日の作業は終了です。

 

 

 

次回の作業は7月末頃です。

 

100羽の鶏(柑太郎)を遂に農場へ移します!

 

飼料として与える青みかんの収穫作業も行っていきます。

 

お楽しみに!!

 

 

以前、島卵プロジェクトにご参加いただいたこともあり、現在は似顔絵100人マラソンに挑戦されている小林和佳子(コバヤシワカコ)さんに描いて頂きました!

 

【開催期間】2019年5月7日火曜日12:00 ~ 5月31日金曜日15:00

【場所】コネクト3F

 

にて展示中です😊

 

 

 今回のまとめ

 

  ・みかんの木を植樹

  ・島のおじさんの知恵、三本の支柱と滑車を使い作業捗る

  ・次回作業は7月末、100羽の柑太郎が農場へ!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload