瀬戸内柑太郎「島卵」プロジェクトVol.1

2018/10/30

【レポートVol.1】

 

 

瀬戸内柑太郎"島卵"開発プロジェクト始動!

 

 

 

三原観光協会主導「鷺島みかんじまプロジェクト」の一環として、2018年1月~「島たまごプロジェクト」が始まりました。

 

 

三原市の離島「佐木島」で、一度は辞めて放棄されていた鶏舎を修復し、そこで島の柑橘を餌として与えた鶏 <瀬戸内柑太郎>を育てます。(養鶏)

 

 

三原佐木島だけのオリジナルたまご(島たまご)を作り、三原でしか食べられない島たまごメニューを作っていこうという新規プロジェクトです。

 

 

10/24(水)第1回目の作業日

 

 

朝8時に養鶏場跡地に集合!

 

 

プロジェクト関係者や三原市内と佐木島からのボランティア等、総勢15名で作業を行いました。

 

 

この日は主に木々の伐採や草刈り、ゴミの運び出しに取り組みました!

 

 

 

 

 

 

鶏舎の中の片付け、周辺の草刈りを進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼ご飯は、島の方が作ってくださった猪肉カレーをいただきます。

 

 

 

 

 

 

お昼休憩をはさみ、午後の作業開始です!

 

 

作業後はここまで綺麗になりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉体的に少しハードでしたが、予想以上のスピードで作業を進めることが出来ました。

 

 

今後も引き続き、作業のお手伝いしていきます!

 

 今回のまとめ

 

  ・島たまごプロジェクト本格始動!

  ・木々の伐採や草刈り、ゴミの運び出し作業

  ・お昼は猪肉カレー!

  ・予想以上のスピードで作業が捗った!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload