ステンドグラスdeよがんす ラボ

2019/02/16

2月11日に「ステンドグラスdeよがんす ラボ」が本町にある「CAFFE'/RESTAURANTよがんす」2階で開催されました!

会場には様々なステンドグラス作品が並び、とても素敵な空間が参加者を迎えしています。

 

15時から前半の部「ステンドグラスワークショップ」がスタート。参加募集していた人数は満席で、小学生や男性の方も参加してくださいました。

今回教えるのは、ミハラボメンバーでもあり、ステンドグラスのビスコンテ認定証を持つスーさんこと住好さんです。

皆さんが挑戦するのは、六角形のキャンドルランタン!こんな感じです。

 

事前に住好さんがカットしてくれたガラス板を、ハンダごてや様々な道具を使って立体にしていきます。
普段ハンダごてを使う機会がないので、みなさん初めは少し苦戦していました。

 

そんな皆さんの作品を、スラスラっと手直しして、アドバイスをしてまわる住好さんに、思わず「おぉ〜!」と感動の声があがります。

 

みなさん、とても集中して作業していたので、会場には作業する音だけが響き、それがとても心地よかったです。

作業や道具に慣れてくると、皆さんそれぞれのアレンジも出てきて、同じ形だけれどオリジナリティを感じるものになっていきました。

作り終えた後は、会場の電気を全て消して、キャンドルに火を灯して完成した作品を楽しみました。

暗い静かな空間の中で光の灯ったステンドグラスはとても綺麗で、それを写真に撮ったり、じっとみつめたり、参加者の皆さん、それぞれ思い思いに過ごされていました。この時間は、なんだか非日常的で、そして、心の安らぐ雰囲気でした。

最後に参加者さんとラボメンバー全員で写真を撮って前半の部は終了しました。

18時半から後半の部は、ステンドグラスの空間の中でのディナー「1upディナー」が開催されました。

住好さんが制作したステンドグラスのランプの明かりやキャンドルホルダーから漏れる灯りだけでディナーを楽しみました。

 

 

ゆらゆらと揺れる灯や、ステンドグラスから落ちる影を眺めて、とても心が落ち着き、会話も弾みました。

贅沢な空間の中でのディナーで、CAFFE'/RESTAURANTよがんすの地元食材を活かした素敵な料理が、より一層美味しく感じられました。

「ステンドグラスを灯して食事をすると、綺麗が1UPするって本当!?」と言う仮説から、ステンドグラス作り、作ったステンドグラスを灯しながら食事をした今回のラボ。

前半の部のステンドグラス作りは、男性や親子連れさんも参加してくださり、黙々ながら和気藹々と楽しい時間がアッという間でした。
後半の部の食事会は、部屋の電気をほとんど消した中で、ステンドグラスの灯りだけでの食事。
これが雰囲気最高で、夢のような空間での食事となりました。

会場として協力していただいた「CAFFE'/RESTAURANTよがんす」の、時代を感じる建物の面影を残しつつ、現代風にアレンジされた店内の雰囲気や、素敵な料理との組み合わせも最高でした。

参加くださった皆さんはもちろん、講師の住好さん、協力してくださった「CAFFE'/RESTAURANTよがんす」の皆さん、ありがとうございました!